• 厚生労働省認定院

8:30~12:30/14:30~19:30(3~10月は20時まで)

交通事故の夜間・休日緊急対応はこちら

交通事故治療ブログ

交通事故に伴う、車両の評価損とは?

車両の評価損とは?

交通事故に遭い車両が損傷した場合、車両に十分な修理がなされたとしても、修理後の車両価格が事故前の価格を下回ってしまう場合の損害を評価額と言います。簡単に言うと、事故前と事故後の車両価格の差額のことを言います。評価損には、「技術上の評価損」と「取引上の評価損」の2種類があります。

<技術上の評価損>

➡車両の修理に伴い、機能や外観に欠陥や不備が残ってしまう場合。一般に、損害賠償の対象になると考えられています。

<取引上の評価損>

➡車両の修理に伴い、機能や外観に関しては回復したものの、事故歴や修理歴が残り、中古車市場での取引価格が低下した場合の評価額を「取引上の評価損」と呼びます。一般に「取引上の評価額」は、損害賠償が認められにくい傾向にあるようです。

車両の評価損についてのまとめ

損害賠償において、評価損が認められるかどうかについては、明確な基準があるわけではないようです。しかし、過去の判例においては、車種や初年度登録からの期間・走行距離・損傷の部位や程度等の要素を総合的に考慮して、評価損の有無が判断される傾向にあるようです。泉の杜整骨院では、提携する弁護士の先生方と連携をはかることで、車両の評価損についての適切なアドバイスが頂けますので、ご不明な点はためらわず、当院へお問い合わせ下さい。

交通事故に伴う「むち打ち」等の治療は、仙台市泉区八乙女の「泉の杜整骨院」へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

〒981-3135
宮城県仙台市泉区八乙女中央3丁目10−13−102

施術のお問い合わせ

022-218-0979

8:30~12:30/14:30~19:30
(11月~2月は19:00まで)

交通事故等の緊急対応

090-1499-2649

交通事故の夜間・休日緊急対応はこちら

Copyright © 泉の杜整骨院 All Rights Reserved.