交通事故に伴う、被害者請求とは?

被害者請求とは?

➡交通事故に遭った被害者が、自ら加害者側の自賠責保険に対して、治療費や慰謝料等の請求手続きを行うことです。交通事故の示談交渉では、加害者や保険会社に誠実な対応を取ってもらえず、到底納得出来ないような条件で、仕方なく示談を取り交わす場合があります。そのような時は、被害者自らが請求手続きを行うことで、より納得した条件で賠償金を得られる可能性が高くなります。

被害者請求のメリット

◦被害者自身が請求手続きを行う事で、納得出来る賠償を受けやすくなる。(例:後遺障害の認定を申請する場合等)

◦示談成立前に最低限の賠償を受けることが出来る。

被害者請求のデメリット

◦請求書類の準備、手続きに手間がかかる。(基本的に書類は全て自分で集めなければならない)

◦自賠責保険の限度額までしか支払われない。

被害者請求を行った方が良いケース

◦加害者側に誠意がなくて示談交渉が進まない時。

◦加害者側の損保会社が早期の治療打ち切りや不利な条件を提案した時等々。

まとめ

被害者請求は、加害者側に支払能力が無かったり、保険会社等に不誠実な対応を取られてしまった場合でも、被害者が納得出来る補償を受けられる可能性が高くなります。しかしながら、必要書類を自分で準備する等、手続きに手間がかかってしまう面もあります。

尚、泉の杜整骨院では、提携する弁護士の先生と連携を取りながら、被害者請求を希望する患者さんへのアドバイスをさせて頂きますので、気軽にご相談下さい。

交通事故に伴う「むち打ち」等の治療は、仙台市泉区八乙女の「泉の杜整骨院」へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする